「教えているけど、育たない」の処方箋
受講期間:3ヶ月 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)
仕事への活用度 ★★★★★
仕事効率UP度 ★★★★☆
難易度 ★★★☆☆
●人材不足の時代だからこそ、改めてイチから身に付けたい「人を育てる技術」。
就職・転職市場は空前の売り手市場です。多くの企業において、人材確保に苦戦を強いられています。そのような時代ですから、「今いる人材をいかに育てるか」というのは、従来にもまして重要になります。しかし、現場の「育てる側」にきちんとしスキルがあるかといえば、そうではないことの方が多いのではないでしょうか。そこで、「育てる」ために必要な知識、スキルを一からしっかりと学べたらよいのではないかと考え、本コースを企画いたしました。


●部下育成から新人指導まで、「育てる」ことに必要な知識・技術を網羅しました。
「育てる」――誰もが大切だと思っていながらも、いざ実践するとなるとうまくいかない……、そんなイメージをお持ちではないでしょうか。確かに、育てる対象は一人ひとり異なる個性を持っているので、育て方の答えも一人ひとり異なります。とはいえ、必ず押さえておきたい基本知識や科学的な理論、メソッドが存在することも事実。そこで、それらを「技術」として身に付けることにより、育てる力を高めていこうというのが、本コースの狙いです。部下育成から新人指導まで、さらには、仕事以外でも様々に活用できる、「育てる」ことに必要な知識・ノウハウが満載です!


●受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!

http://www.iec.co.jp/pazz/

「育てる」
ための基礎理論
1ヵ月目は、「育てる」に関する基礎理論を学びます。「育てる」とはどういうことか、育てる側と育てられる側には、どのような心理があるのか、など。これらを理解することで、効果的な「育てる」を行うための土壌が作られます。

第1章 「育てる」とはどういうことなのか
人は「育つ」のではなく「育てられる」/仕事を「教える」ことと部下を「育てる」は違う/そもそも部下が「育つ」とはどういうことなのか/「育てる」はリードではなくサポートになる/他    

第2章 育てる上司の自己分析
部下の性格を考える前に自分の性格を考えたい/上司のメタ認知能力とはなんだろうか/上司は権力者であることを自覚しているだろうか/「部下のため」は上司の本心だろうか/他
    
第3章 育てられる部下の心理分析
いつの時代にもあった「近ごろの若者」への不満/自分の上司に満足している部下はいない/「なぜわたしばかり」という不満はほとんどの部下にある/部下の「真面目さ」を理解しているだろうか/他

第4章 育てる理論と育つメカニズム
「育てる」プロは何を学んできたのか/教師も「育てる」ことの難しさに直面している/行動主義と認知主義の間で揺れてきた教育現場/考える力を育てることの難しさ/他
「育てる」
ための実践スキル
2ヵ月目は、実際に育てる時に必要な、具体的な技術を学んでいきます。

第1章 話し合う上司と部下になろう
基本は一対一の人間関係にある/お互いの理解は話し合うことで生まれてくる/部下に答えを急がせてはいないだろうか/部下に自分のモノサシを押し付けていないだろうか/他

第2章 部下の成長プロセスに目を向けよう
育てる基本は長所を伸ばすこと/自信を持たせるための言葉のかけ方/急成長する部下にはリバウンドがある/手のかかる部下ほど「育つ」プロセスが見えにくい/他

第3章 部下のタイプに合わせた育て方
仕事が雑な部下ほど育てやすい/パーフェクトを求める部下との向き合い方/自信過剰な部下の育て方/自信を持てない部下の育て方/他

第4章 強いチームは「育てる上司」がつくる
個性の多様化がチームの適応力を作る/強いチームは部下の層が厚い/チーム内に身近な目標を見出させるコツ/役割の固定化は部下の成長を妨げる/他
実践ノート
3か月目は、ワークブックを使って、本コースで学んだ「育てる」技術を実行します。
■教材構成
テキスト2冊/ワークブック1冊/提出課題3回
株式会社アイ・イーシー tel:03-3263-4474  e-mail:info@iec.co.jp