心と感情と仕事のパフォーマンスを安定させるための方法や仕事術を学びます
受講期間:3ヶ月 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)
仕事への活用度 ★★★★☆
人間関係力アップ ★★★★★
難易度 ★★☆☆☆
「悪い感情」さえコントロールすればいい。
感情には「いい感情」と「悪い感情」があります。「いい感情」は私たちの仕事や人間関係に肯定的な気持ちをもたらしてくれますが、「悪い感情」はその逆です。仕事の安定感やパフォーマンスを低下させ、考え方や人間関係へも悪影響を与えます。言い方を変えれば、「悪い感情」さえコントロールできれば、私たちの毎日は大きく違ってくるはずです。

●感情との付き合い方を「スキル」として身につける
やはり人間ですから、感情から逃れることはできません。しかし、上手く処理する技術を身につけることはできます。それが、「スキル」としての感情コントロールです。本コースでは、脳の仕組みから感情の仕組みを知ることから始め、感情をむりやり曲げたり押さえつけたりせずに、自然とコントロールするための技術を身につけていきます。

●本コースで学ぶこと
1カ月目:第1巻を学習。感情とはなんなのか、感情は言動にどのような影響を与えるのか、EQとは何かなど、感情とそのコントロールに関する基礎知識を学んでいきます。

2カ月目:第2巻を学習。実際にどのように感情コントロールをしていけばよいのか、事例を交えながら知識と技術を学んでいきます。

3カ月目:実践ノートを学習。1ヶ月目と2ヵ月目で学んだことを実践していく学習期間です。実践ノートに記録していきながら、感情コントロールのしかたを身につけていきます。

●受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、 どのような特性があるのかを確認することができます。15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
http://www.iec.co.jp/pazz/


感情と心の知能指数(EQ)
第1課:感情が生まれるメカニズム
脳の仕組みから感情の正体を学んでおこう/「心の知能」ってなに?/「EQ」の概念を知っておこう/感情は老化する/他

第2課 感情が「感じ方」や「考え方」に与える影響
そのときの感情が他人の印象を決める/記憶も感情に左右される/他人に甘えることは良いことか悪いことか/感情は自分に都合のいい情報を信じさせる/「できる」「できない」の判断も感情が左右する/他

第3課 共感するとはどういうことなのか
共感能力はEQ(心の知能)の大切な要素/共感は二つの脳の連携から生まれる/なぜ素直に喜べないときがあるのか/共感は感情の整理にもなる/他

第4課 感情コントロールで性格が変わる
「性格は変わらない」というのは本当?/自分の感情の傾向を知っておこう/気遣いだけでは共感できない/態度を変えると感情も変わる/他
自分の感情をコントロールする技術
第1課 感情コントロールの考え方
感情コントロールの基本はセルフウォッチング/自分の性格(感情傾向)を知っておこう/悪感情を生み出す思考パターンとは/心のゴミはこまめに掃除する/他

第2課 感情を悪化させる思考法と良くする思考法
白か黒かと決めつけないようにしよう/「まだ」ではなく「もういい」と考えよう/なぜ完全主義に陥るのか/思い込みは「思考停止」/プライドにこだわらない/他

第3課 若々しい感情の保ち方
感情は刺激されることで若返る/「いい人」を演じない/人にはどんどん揉まれよう/大きな筋肉を動かす/好奇心を封じ込めない/知ったかぶりしない/他

第4課 日々の感情コントロール
怒りの感情をどうコントロールするか/おしゃべりの主役を目指さない/機嫌のいい人ほど低姿勢になれる/仕事の意味は深く考えない/自分が大切にしていることを思い出す/他
 
感情コントロール・実践編
実践ノートに日々の行動や気づきを記録しながら、学んだことを実践していきます。
■教材構成
テキスト2冊/ワークブック1冊/提出課題3回


 著者:夏谷隆治氏
サイエンスライター。編集プロダクション勤務を経てフリー。脳・宇宙・自然地誌・心理学・精神医学等の分野において、主に単行本の企画・執筆に携わる。これまでに手掛けた書籍はおよそ250冊。ライターグループ「やませみ工房」主催。

この講座では、自分の感情をコントロールするためにはどうすればいいかを学びます。果たしてそんなことが可能なのかという疑問は当然、あるはずです。けれども感情には「いい感情」と「悪い感情」があります。「悪い感情」さえコントロールできれば、私たちの毎日はずいぶん違ってくるはずです。

この技術はとても大事です。ビジネスに限定して考えてみましょう。私たちは不機嫌な人を嫌います。悪い感情をこちらにぶつけてくる人、僻みっぽい人や疑り深い人、怒りや不満を隠そうとしない人、その日の気分で態度を変える人には、いくら仕事とはいっても付き合いたくありません。パートナーとして信頼することができないし、好きになれないのです。

つまり悪い感情をコントロールできない人は、どんなに能力やキャリアがあっても周囲との信頼関係が築けません。ビジネスは人間関係がつくるものですから、悪い感情に満たされる人は自分の能力を発揮することができないのです。

これから皆さんと一緒に学ぶのは、感情のコントロールという、ある意味ではつかみどころのないテーマになります。けれども感情は自分自身と同じですから、自分を思い出し、問いかけるつもりになれば感情について考えることはできます。自分の感情の世界に踏み込むのは自分しかできないということです。
 
株式会社アイ・イーシー tel:03-3263-4474  e-mail:info@iec.co.jp