相手の心を惹き付け、動かす
受講期間 2ヶ月 受講料:19,980円 (個人受講料:24,300円)
仕事への活用度 ★★★★★
スピーチ力UP度 ★★★★★
難易度 ★★★☆☆
●結果を出せる話し方を身につける!
大勢の人を相手に話す。ビジネスにおけるシチュエーションには、プレゼンテーション、会議、朝礼の場などがあります。こういった場面では、ただうまく話すのではなく、自分の思いや気持ちを伝え、相手の心を揺さぶり、相手の行動を促す必要があります。それぞれの目的に合わせた、結果を出す話し方が求められるのです。

●シナリオプランニング―目的にあわせたシナリオづくり
人の心を揺さぶる話をするためには、まず話の目的にあわせて、「なにをどのような順序で話すか」というシナリオが大切です。そこでこの講座では、まず聴衆心理に着目し、なにをどのように話すと聴き手の心を揺さぶることができるのか、そのためのシナリオづくりの方法を学びます。目的にあわせて話を無駄なく構成することで、自分の考えや気持ちを、相手の心に届く方法で伝えることができます。

●スピーキングスキル―話の内容より聴き手に印象づける演出法
論理に基づいて構成されたシナリオに、相手の印象に残るように「どのように話すか」という演出、感情や情緒に訴える部分を加えることではじめて、相手の心は動きます。そこで、シナリオ作りに続いて、「どのように話すか」という相手の心に訴えかける話の演出法を学習します。この2つのスキルを身につけることで、あなたの話は相手の心を動かす力を持つのです。


●こんな方におすすめです
・朝礼やプレゼンなど、人前で話す機会の多い方
・そつなくうまく話すより、自分の思いや考えが相手に伝わる話し方を身につけたい方
・あらゆる場面で使える話す力を高めたい方

●受講特典:『自己発見テスト Pazz』
IECの通信教育を受講いただいた方には、『自己発見テスト Pazz』のチャレンジ権を無料でお贈りしています。
Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、 どのような特性があるのかを確認することができます。15分ほどで終わるので、今後の学習のヒントにするためにも、ぜひPazzにトライしてみてください!
http://www.iec.co.jp/pazz/


人の心をゆさぶる
シナリオ
プランニング
まずは自分の思いや気持ちを相手に伝えるために、筋道立ててわかりやすく話すためのシナリオの作り方を学びます。

■第1章 話す技術は一生涯の財産
ビジネスで必要な話し方とは?/人を惹き込む話のルール/他
■第2章 話すゴールをはっきりさせる
話すシチュエーションを整理する/想いの強さが心の強さ/他
■第3章 スピーチの終わりをまず決める
締めくくりで差をつける/良いラストシーンをつくる/他
■第4章 話の構成を組み立てる
スピーチ原稿の大枠をつくる/シナリオ作成法を知る/他
■第5章 原稿をスピーチに活かす
スピーチ原稿の完成度を高める/スピーチ原稿を体に叩き込む
キーワードで話を彩るスピーキングスキル
筋道のとおったシナリオに、人間の感情や情緒的な部分を盛り込んで、人の心に届く印象深いものにするための演出法を学びます。

■第1章 マインド・・・自信を持って伝える
心を強くする/自信をつける方法/自信ある姿を見せる
■第2章 ビジュアル・・・「この人の話を聞きたい」感を演出する
第一印象はさわやかに/顔の動きでいきいきと見せる/他
■第3章 声・・・聞きやすい魅力的な声をつくる
自分の声の大きさを知る/正しい声の出し方を身につける/他
■第4章 アテンション・・・聴き手の気持ちを惹きつける
スピーチ冒頭の心得/あがりや緊張を和らげる/他
■第5章 ライブ感・・・体を使って話をいきいきさせる
ライブ感を伝える/アイコンタクト/ジェスチャー
■第6章 テンポ・・・話すスピードや間を活かす
適切な速さとは/「間」を使う/自分のテンポを知ろう
■第7章 キャラクター・・・自分の魅力を活かして話す
上手な話し方とは/あなたしかできない話をする/表現力を鍛えよう
■教材構成

■執筆指導講師




テキスト2冊、提出課題2回、学習のすすめ方

難波 法広(なんば のりひろ)
パブリック・スピーキングトレーナー





お客様に新商品のプレゼンテーションをするときなど、決められた短い時間に効率よく話をすればいいのかわからなかったので受講しました。この学習によって、話の組み立て方がわかり、事前準備もしっかりするようになりました。(食品メーカー 38歳)

話すのが苦手にも関わらず営業になったので、自分の話し方にちょっと見直しをかけたいと思って受講しました。これまで意識しなかった話の組立てや演出について一から勉強できた。できれば、実際に話すところも添削指導してもらえるとより良かったと思う。(ITサービス 36歳)
株式会社アイ・イーシー tel:03-3263-4474  e-mail:info@iec.co.jp